エントリー

「笑う門の会」へ訪問してきました。

  • 2018/07/24 18:45

『笑う門の会』パンフレット

   市内では、介護をされている方同士の交流や情報交換、ホッとする場として、集う場が開催されています。今回のその一つとして「笑う門の会」に訪問してきました。

    こちらの会は、実際に介護をされている方が、介護施設が営業をされていない日を利用して、実際に介護をされている方や介護に興味がある方、仕事で携わっている方同士が、情報交換やホッとひと息をついたり、ご自身の身体を動かして、こころと身体のリフレッシュから笑顔になれるような場になるように開催されています。

 ご興味がある方は、一度ご参加されてみてはどうでしょうか。

 

『笑う門の会』

開催日時:毎月第3土曜日 10時~15(時間内、出入り自由)
開催場所:デイサービスセンター 花みずき(篠山市真南条下1176)参 加 費:200(昼食代は別途必要、持ち込みも可能)

申し込み:不要

問い合わせ先:廣瀬ゆきえさん(090-1913-2742)

認知症サポーター養成講座を開催しました。

  • 2018/07/24 18:36

114.jpg

 7月13日(金)、市内の郵便局で職場学習が行なわれました。

 今回は認知症をテーマとして、認知症サポーター養成講座の講師として、私たちキャラバンメイトのメンバーが、少子高齢化のいま、高齢者や地域に関する状況を交え、なぜ認知症状がある方へのかかわりが必要なのか、認知症が病気の一つであること、物忘れがある方に対して関わり方が大切であること、現在篠山市で取り組んでいる活動を説明しました。

 当日は、地域や職場などで学習された方もありましたが、初めて受講される方もあり、「説明がわかりやすくてよかった。」と感想や、「家族から認知症と聞いている人は対応しやすいが、初めて窓口や訪問先で出会ったときにどうしたらいいのか?」と質問もいただきました。

 みなさんの職場でも、一度認知症について学んでみませんか?

西日本豪雨災害の義援金を受け付けています。

  • 2018/07/23 12:54

113.JPG

西日本豪雨災害を受け、篠山市共同募金委員会では、義援金の受付を行っております。7月22日(日)、篠山市民センターにおいて開催された認知症フォーラムの会場において、社会福祉協議会職員で街頭募金を行いました。

当日は、フォーラムに参加いただいた皆さまより、33,542円の募金にご協力いただきました。お預かりした募金は、兵庫県共同募金会を通じて、被災された地域へ届けさせていただきます。

また、7月29日(日)には、ラ・ムー篠山店において学生ボランティアの方、西紀サービスエリアにおいて西紀中学校ジュニアボランティアの皆さんに街頭募金をお世話になります。

丹波ブロック地域包括・在宅介護支援センター協議会総会・研修会が開催されました。

  • 2018/07/04 20:44

112.jpg

72日(月)、四季の森生涯学習センターにおいて、丹波ブロック地域包括・在宅介護支援センター協議会の総会および研修会が行なわれました。

 丹波市・篠山市には高齢者の相談窓口として地域包括支援センター、在宅介護支援センターがあり、両市で12のセンターによる同協議会を立ち上げており、今回総会と研修会が開催されました。

当日は、平成29年度の事業報告・決算、平成30年度の事業計画・予算、役員改選を行い、全て承認されました。 

総会後の研修会では、“災害”をテーマに、県防災企画課野田政裕さんより、「兵庫県における災害時要援護者支援の推進について」と題して行政説明を受け、人と防災未来センター松川杏寧さんより、「災害時ケアプランという考え方~取り残されない防災をめざして~」と題して、ケアマネジャーが作成する日々のケアプランに“災害時のケアプラン”を交えて行うことを学びました。 

地震、台風、ゲリラ豪雨などいつ起こるか分からない、災害について日ごろからの準備を行い、万が一について対応ができるように、センターとして市内のケアマネジャーの方への後方支援を行っていきます。 

この指と~まれを開催しました。

  • 2018/07/04 20:41

111.JPG

   628日(木)、篠山市民センターにおいて、医療・福祉・介護の多職種連携を目的に「この指と~まれ!」が行なわれました。

当日は、篠山市内の医師、歯科医師、薬剤師、看護師、リハビリ職、相談員の医療に携わる方から、ケアマネジャー、ヘルパー、福祉用具の事業所の方といった福祉・介護の立場の方で総勢83名の方の参加がありました。

内容は、丹波健康福祉事務所の逢坂悟郎所長より、「2018年度診療・介護同時改訂」と題して、4月より変更になったポイント教えていただきました。 また、篠山市薬剤師会の中西康典会長より、「かかりつけ薬剤師」について教えていただきました。

説明後は、グループに分かれてそれぞれの職種の立場から、医療と介護の連携について意見交換会を行ないました。 

篠山市介護保険事業運営協議会が開催されました。

  • 2018/07/04 20:37

110.jpg

  628日(木)、篠山市役所において、篠山市介護保険事業運営協議会が行なわれました。 

当日は、今回から第7期の介護保険事業計画(期間は平成304月から平成323月まで)が始まりましたので、新たな委員のみなさまに向けて、29年度の事業報告や評価、30年度の計画についての説明を行ないました。 

 

篠山市介護保険事業運営協議会とは、篠山市の介護保険事業について協議を行う機関です。また介護保険事業計画は3年に1度見直しを行ないます。 

  

刺又(さすまた)について学びました。

  • 2018/06/29 08:52

109.jpg

最近、傷害事件につながる不審者、来所者のニュースが話題になっています。 

そこで篠山市役所では昨年度より、市役所への来所者や職員を守るため、刺又の設置が行なわれており、今年度は丹南健康福祉センターに刺又が設置されました。 

そのため、627日(水)、センター内で業務を行う、市役所健康課職員、高齢者・障がい者権利擁護サポートセンター職員、社会福祉協議会職員の合同で、刺又を使った具体的な対処方法について学びました。 

刺又を使用することはないと願っておりますが、センターを利用される方の万が一の安全と職員自身を守るため、設置されています。 

 

 

  

第1回フォローアップ講習会 「足育~元気な足が、元気な子どもを育てる~」

  • 2018/05/17 17:00

108.JPG

5月17日(木)、四季の森生涯学習センターにおいて、幼児子ども専門シューフィッター 安藤恵子氏をお招きし、フォローアップ講習会「足育~元気な足が、元気な子どもを育てる~」を開催しました。

子どもの足にもトラブルが増えているという話から、子どもの足はどうなっているのか、正しい靴の選び方などを、実際に子供の足を見て触りながらお話を聞きました。

子どもに履かせている靴が、足に合っていなかったり小さかったり・・・という指摘をうけて、皆さん熱心に聞き入っていました。子どもの姿を毎日前からだけではなく、後ろからも見ると、体のゆがみや異常に気づきやすいそうですよ。ぜひ試してみてください。参加された皆さんお疲れ様でした。

認知症サポーター養成講座を開催しました。

  • 2018/04/26 18:17

107.jpg

422日(日)、祥漢堂薬局しののめ店において、「第5回健康講座」が開催されました。

今回は認知症をテーマに「認知症サポーター養成講座」と終了後にカフェが開催され、認知症サポーター養成講座の講師として、私たち東部・西部地域包括支援センターの職員と市役所の職員が、認知症が病気の一つであること、物忘れがある方に対して関わり方が大切であること、現在篠山市で取り組んでいる制度を説明しました。

当日は地域の方も含め市内の祥漢堂薬局の薬剤師の方など、30名を超える方の参加があり、「説明がわかりやすくてよかった。」と感想もいただきました。

認知症について理解された薬剤師さんが、市内にも増えてきておりますので、みなさんもお気軽に相談されてはいかがでしょうか?

カフェやすらぎがオープンしました!

  • 2018/04/13 18:29

106.JPG

 

412日(木)、認知症の人やその家族、ひとり暮らしの方など地域のどなたでも気軽に立ち寄れる集いの場として、篠山市内の認知症カフェとしては4ヵ所目となる「カフェやすらぎ」がオープンしました。

 運営は地域の方が主体となり、会場はやすらぎ園古市サービスステーション(波賀野新田139番地5、西井クリニック横)をお借りしています。

 3月にはプレオープンとして開催し、今回が正式な開催として初回はボランティアを交え、25名の参加がありました。

 今後も誰もが気軽に立ち寄り、交流ができる場所として開催されます。

次回は、510日(木)午後130分からです。

ユーティリティ

2018年11月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード