エントリー

2013年06月の記事は以下のとおりです。

ふれあい・いきいきサロン訪問!「下小野原サロン(今田町)」

  • 2013/06/05 15:50

68.JPG

25年度、篠山市社会福祉協議会の補助対象自治会として「下小野原サロン」が立ち上がり、第1回目のサロンが、6月2日(日)、下小野原生活改善センターにおいて、16名の参加者と8名のスタッフで開催されました。 

自治会長さんを始めとした自治会役員さん、民生委員さん、福祉委員さん、愛育班さんなどが、スタッフとして協力されています。 

この日は、懐メロから始まり、童謡、今田小唄など、いろんな歌を手拍子に合わせて気持ちよさそうに歌っておられました。 

大きな声を出した後は、おいしいお弁当に舌鼓。「こんなにいろんな人と会えてうれしいわ」「また1つ、ここに来る楽しみが増えたわ」とうれしい声を聞きました。 

今後、講座や三世代交流など、誰もが楽しめるメニューを考えて実施される予定です。 

市内にまた一つ、誰もが気軽に集える拠点が増えました。 

ふれあい・いきいきサロン訪問!「さんば家サロン(福住地区)」

  • 2013/06/05 15:27

67.JPG

5月29日(水)、福住の伝統的建物保存地区の一角にある「さんば家ひぐち」において「さんば家サロン」が開催されました。 

2か月に1度(奇数月の最終水曜日)行われるサロンは、福住地区の高齢者を対象としており、まちづくり協議会福祉部の皆さんと福祉委員さん、ボランティアさんで運営されています。 

この日のメニューは 

①午前:「消費者被害についての話」や「脳トレ」で頭を柔らかく 

②お昼:地域の方が作るお弁当を囲んで、楽しい「会食」 

③午後:地域のボランティアさんによる、手先を使った「折り紙講習」 

皆さん、「いろんな人と話ができるのがうれしいわ」「ここに来て、いろんなことを教えてもらえるから勉強になるわ」と、ここに来られるのを楽しみにしておられます。 

さんば家サロンは、高齢者にとっての生きがいづくりや仲間づくりの場として、定着しつつあります。 

福祉委員スキルアップ研修会 開催

  • 2013/06/03 08:57

69.JPG

61日(土)、丹南健康福祉センターにおいて、平成25年度 福祉委員スキルアップ研修会を開催しました。 

この研修会は、権利擁護支援者養成講座(入門編)と兼ねており、市内の福祉委員さんや講座受講生等、113名が参加されました。 

研修は、「権利擁護の理念と地域福祉~孤立しない地域づくり~」というテーマで、兵庫県社会福祉協議会 権利擁護センター所長の小林茂氏を講師に迎え、今地域で起こっている様々な問題から、つながりづくりや見守り活動を行う際のポイントを、分かりやすく教えていただきました。 

 

“地域での見守りは、一方的ではだめで、みんなこの世にいてほしい、かけがえのない存在であることを感じられる(自己肯定感)関わりが必要です。まずは信頼関係を築き、気になることがあれば、一人で溜めこまず、民生委員さんや自治会長さん、専門機関につないでください。”と小林氏。 

 

参加者からも「福祉委員の役割が少しわかった。」「声かけだけは、心がけでできるので、続けていきたいと思う。」といった感想が寄せられ、日常の見守りや声かけの大切さを改めて感じる研修となりました。 

 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2013年06月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント