エントリー

2012年05月の記事は以下のとおりです。

兵庫県障害者のじぎくスポーツ大会でメダルラッシュ!

  • 2012/05/29 14:04

49.JPG

   519日と26日に第6回兵庫県障害者のじぎくスポーツ大会が三木市、神戸市方面で開催されました。障がいのある方が競技を通してスポーツの楽しさを体験するとともに、社会参加の推進に寄与することを目的としたスポーツの祭典です。篠山市身体障害者福祉協議会からは、水泳、卓球、ソフトボール投げ、フライングディスクに7名の方が出場され、みごと全員が3位内に入賞し表彰されました。暑い中、みなさんお疲れ様でした。 

手話奉仕員養成講座(初心者コース)が開講しました!

  • 2012/05/29 11:59

48.JPG

525日(金)、篠山市手話奉仕員養成講座(初心者コース)が開講しました。

 

今回は、初めて手話を学ぶ方を対象としており、32名の方が参加されています。

 

「テレビを見て手話に興味を持ったので」「聴覚障がいのある友達と話がしたいので」など参加のきっかけはさまざまですが、それぞれに意気込みを感じました。

 

この日は、チームに分かれてジェスチャーで相手に内容を伝えるという内容でした。みなさん悪戦苦闘しながらも、全身を使って身振り手振りで相手に伝えていました。講師の大内和彦さんは、「伝えようとする気持ちが一番大事」と話されていました。

この講座は、20回コースで1012日まで続きます。長期間ですが、みなさんがんばってください!

 

第1回権利擁護支援者養成講座(福祉委員スキルアップ研修会)

  • 2012/05/29 09:16

47.JPG

 5月26日(土)丹南健康福祉センターにおいて、認知症の理解と権利擁護をテーマに、第1回権利擁護支援者養成講座を開催しました。  

 今回は、市内の福祉委員さんを対象にしたスキルアップ研修会を兼ねて開催し、講座受講生と合わせて134名の参加がありました。

 研修では、篠山市の現状と認知症の基本的知識を学んだ後、「認知症の方とその家族に対して、地域でできること」と題して、川西市東谷地区福祉委員会の実践を発表していただきました。

 

参加者からは、

「認知症の母の世話をしてきたので、今回の研修がよく理解できました。自分の住んでいる地域の状況に合わせてできることがある気がします。」

 「認知症家族、介護者の支援(居場所づくり等)の重要性を感じました。」といった感想がありました。

 

地域福祉先進地の取り組みを参考に、篠山市でも地域のみなさんと社協、関係機関が一緒になって課題解決に向けた取り組みを進めていきます。

ファミサポ交流会「おやこで あそぼ!!」

  • 2012/05/17 08:27

46.jpg

515日(火)四季の森生涯学習センターで、運動コーディネーター 西條喜博さんを講師に迎え、24年度初めての交流会を行いました。

親子のスキンシップをたっぷり取り入れながら、遊び感覚で自然に運動能力を高めるメニューが盛りだくさんの内容となりました。運動の合間にギターやピアノを使っての歌や手遊びも・・・。

ちょっとハードな運動にも果敢に挑戦した参加者のみなさん。本当にお疲れ様でした。

24年度も4回の交流会を開催します。会員さん以外の方の参加も大歓迎です。お友達を誘ってぜひ参加してくださいね。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2012年05月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント