エントリー

2012年02月の記事は以下のとおりです。

生活支援員スキルアップ研修会~意思決定支援と権利擁護~

  • 2012/02/07 13:26

40.JPG

 26日(月)、平成23年度 権利擁護支援者養成事業の一環として、生活支援員スキルアップ研修会を開催しました。

 この研修会には、福祉サービス利用援助事業の生活支援員さんや権利擁護支援者養成講座の修了者、社協職員等27名が参加し、「意思決定支援と権利擁護」というテーマで、石川立美子さん(介護共育研究会 代表)の講義を受けました。

 石川さんは、

「認知症などで自分一人で判断が難しくなっても、その人が「自分の人生を生きる」ための支援をすることが重要です。」と話され、利用者と関わるときのポイントや生活支援にあたる際の視点をわかりやすく教えてくださいました。

 参加者からは、

「介護職として働いていますが、改めて生活支援をすること、支援員としての心持ちを考えさせられる研修会でした。」

「生活支援員としての役割や支援のポイントを、細かく勉強させていただきました。今後の活動に役立てていきたいと思います。」といった感想がありました。

今後も権利擁護支援について、支援関係者や地域のみなさんの理解を深め、認知症になっても、障がいがあっても安心して暮らせる地域づくりをめざします。

ひろがれ、ボランティアの輪!(第1回 ボランティアフェスティバル)

  • 2012/02/06 11:12

39.JPG

 2月4日(土)、篠山市立丹南健康福祉センターにおいて、篠山市ボランティア連絡協議会(杉本稔会長)の主催で「第1回ボランティアフェスティバル」を開催しました。

 

 前半は、市内で活動する5つの団体の活動発表を行いました。参加者のみなさんはそれぞれの発表をとても興味深く聞いておられ、中でも篠山鳳鳴高校インターアクト部、篠山産業高校の生徒のみなさんの発表を聞いて、「若い方の積極的な活動に感心した」「一緒に何かボランティア活動ができたら・・・」という感想がありました。

 

 後半は、社会福祉法人大阪ボランティア協会のボランティアコーディネーター、梅田純平さんを講師に迎え、「ボランティアを知ろう~災害から見えたもの~」と題して講演を行いました。

災害に備えて、普段の暮らしで、「災害時にどう動くか」を考える癖をつけることが大事だとおっしゃっていました。また、被災地支援として「お金のある人はお金を、時間のある人は活動を、何もできない人は理解をすることが被災地支援につながることを覚えていてください」と話されました。

障がい当事者との交流から学ぶ(福祉教育助成事業)

  • 2012/02/03 10:43

38.JPG

 城北小学校5年生(31人)では、市内在住の辻本一郎さんを講師に迎えて、視覚障がいのある人の生活や支援、声かけの方法などについて学びました。

辻本さんは、

「目が見えないと何もできないと思われがちですが、様々な音を聴き、気配を感じ、実際に手で触れることで、できることがたくさんあります。」と話し、視覚障がいのある人が使う生活道具を実際に手に取って説明したり、障がい者スポーツとして取り組まれている例を教えてくださいました。

児童のみなさんは、その後、アイマスクをして廊下を歩いたり、グラウンドソフトボール(視覚障害者スポーツ)を実際に体験し、

「目が見えなくても、できることがいっぱいあるとわかった。」

「街で目の見えない人に出会ったら、声をかけられるようにした 

 い。」

といった感想がありました。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2012年02月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント