エントリー

2012年01月の記事は以下のとおりです。

突然の災害に備えて・・・ 「篠山市防災フェスティバルinあじま」

  • 2012/01/23 14:24

37.JPG

1月22日(日)、篠山市立四季の森生涯学習センター周辺において「篠山市防災フェスティバルinあじま」が開催され、篠山市社会福祉協議会では、非常召集伝達訓練および災害ボランティアセンターの設置訓練、利用者の安否確認訓練を行いました。

 

 災害ボランティアセンターの設置訓練では、20名のボランティアのみなさんを2班に分け、『土砂が流れ出し、車の走行ができないので、土砂の撤去を願いたい』というニーズを設定し、①ボランティア受付→②保険の加入→③名札の作成→④作業振分(マッチング)→⑤作業指導→⑥資材調達→⑦活動→⑧活動報告の流れをマニュアルに従い実際に行いました。

 

 今回ボランティアとして参加された方は、災害ボランティアの経験がない方ばかりでしたが、「体験して、内容がよく分かった」「自分にできることがあればボランティアの登録をしたい」という感想がありました。

 

 篠山市社会福祉協議会では、突然の大災害にも対応できるよう、今後もさらに訓練を重ねていきます。

今年もやります!権利擁護市民フォーラム啓発劇!

  • 2012/01/11 15:46

36.JPG

今年も篠山市地域福祉課高齢支援係、東西地域包括支援センター、社会福祉協議会の職員が劇団を組み、権利擁護啓発劇「誰もが住み慣れた地域で、笑顔で暮らせるように」を行います。

 これは、川端浩之監督の演技指導を受けている練習風景の一コマですが、12月初めから業務終了後に集まり練習を重ねています。

本番まであと一週間、セリフが頭に入らず各自苦戦しています。

劇は、「成年後見制度」が市民の皆さんにとって身近なものとなるように、わかりやすい説明を入れています。

練習の成果は、下記でお見せしたいと思いますので、ぜひお越しください。

 

○権利擁護市民フォーラム○

「守ってくれます、あなたの権利!~みんなで学ぼう成年後見制度~」

と き 平成24114日(土)午後130分~330

ところ 篠山市民センター 多目的ホール

内 容 【啓発劇】「誰もが住み慣れた地域で、笑顔で暮らせるように」

      【講 演】「成年後見制度についての理解」野上真由美弁護士

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2012年01月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント